BACK

Diamonds Are Forever
ダイヤモンドは永遠に

1971年
主演:ショーン・コネリー

 007映画にしては絵的に派手な場面が比較的少ない気がしますが、明るいトーンで、テンポ良く物語が進んでいきます。
 アクション的な見どころは、月面車での逃走シーンや、パトカーを次々にクラッシュにみちびくカーチェイス、それから二人の屈強な女性用心棒との格闘シーン・・・などだと言えると思いますが、やはりこの映画の中で一番光っているのは、ショーン・コネリーの演技だと思います。
 どんなにドキドキするシーンでも、胸の花の香りをかいだり、足を組んだりしてリラックスして見えるジェームズ・ボンドが、最高にカッコいいです。
 この一作前の「女王陛下の007」ではジェームズ・ボンド役がいったんジョージ・レイゼンビーに変わりましたが、ショーン・コネリーが作り出してきたクールでどことなくあたたかくて絶妙にひょうきんなジェームズ・ボンド像を引き継ぐのは、たいへんなプレッシャーだったことと思います。
 今作で再び主演がショーン・コネリーに戻った詳しい理由などは知りませんが、ジェームズ・ボンドはやっぱりショーン・コネリーが演じるのが落ち着くなぁ・・・と世界中の多くの人が思ったに違いないと確信しています。

 さて、今作でもまた、ひとりの悪党の手によって世界が尋常ならぬ危機にさらされるわけですが、その手先となる殺し屋が、今回は二人組です。
 この二人組が、実はこの映画の影の主役ともいうべき存在で、冒頭から最後までいい味を出しながら活躍しまくり、とても印象的です。
 一見ひ弱そうな二人組で、腕っぷしが強いタイプとはとても言えず、暗殺の実行手段は、サソリや爆弾を使ったり、後ろから不意打ちで殴ったりという、セコイ方法ばかりです。
 この二人組がボンドを二度まで絶体絶命の危機に追いやりますが、やはりボンドを敵にまわしたのが運の尽き、最後は壮絶な最期をとげてしまいます。

 壮絶なシーンのあとにさらりとさわやかなエンディングが始まり、見終わったあとの充実感が残るあたりは、やはり監督のガイ・ハミルトンと主演のショーン・コネリーのすばらしい才能の合わさった結果だと言わざるを得ません。
 最近の007映画に見られるボンドの「内なる苦悩」の描写のようなものはいっさいなく、対照的に、身軽で明るいボンドを楽しめる、爽快な映画です。

2009/05/06
English Map