BACK

On Her Majesty's Secret Service
女王陛下の007

1969年
主演:ジョージ・レイゼンビー
(冒頭の銃を撃つシーンで誰よりもしゃがみます)

 ジェームズ・ボンドが比較的巨体です。
 いつもより格闘シーンが多い気もします。(気のせいか?)
 なんか、ケンカの強い007という感じです。

 まずこの作品の一番有名な点は、ジェームズ・ボンドが結婚するところでしょう。
 最後の結婚式のシーンの中で私の好きな場面は、Qがジェームズのところにやって来て、「必要なものは何でもそろえてやるぞ」みたいなセリフを言うところ。すごい備品を用意してくれそうです・・・。

 それから、ジェームズがMに辞表を出した後に自分のデスクの整理をしながら過去のことを回想するシーン。007シリーズ最初の3作、「Dr. No」「From Russia With Love」「Goldfinger」を見ていると笑えます。

 この作品では秘密兵器めいたものはほとんど使用されません。
 冒頭でQがMに何やら秘密兵器の説明をしていますが、それらは映画の中では使用されず、007はほとんど自分の体力だけで勝負していきます。(あえて言うなら自動金庫破り機みたいなのが出てきますが。)

 無敵のジェームズ・ボンドがスケート場の横ですわりこんで敵をやり過ごそうとしているシーンはなかなか新鮮です。どんなに追いつめられても必ず自分の力で切り抜ける007が、今回は女性に助けてもらいます。まあ、この女性と最後に結婚するし、それもありかなという感じです。

 最後のボブスレーコースでの宿敵ブロフェルドとの一騎打ちはサスガ迫力満点です。
 ブロフェルドに手榴弾を投げられ、自分のボブスレーを爆破されてもすぐに走り出し、敵のボブスレーにしがみつくあたりが今回の「体力ジェームズ」を象徴してるような気がします。

 そしてエンディングは・・・007シリーズ中、一番のシュールさを誇ります。
 歴代ボンドの中で、ジョージ・レイゼンビーは比較的「薄い」顔をしているし、やたらキョロキョロするので評価は低げですが、このシーンのボンドだけはジョージ・レイゼンビーでなくてはできなかったのではと思わせるほど心を打ちます。
 ジョージ・レイゼンビーはこのシーンをやるためだけにジェームズ・ボンド役をやったのではないかと思うほどです。
(どんなシーンかはご自分でお確かめください。)

2001/07/17
English Map