キャンプ3
Camp3



前日に戻る 前ページに戻る


1999.8.22(日) キャンプ2日目
〜完結編〜

 片づけも終わり、サンドイッチも作り終え、キャンプ場をあとにしたのは昼ごろだったか。

 どこかで河原におりて川遊びをしようということで、クルマをのろのろ走らせながらヨサゲな場所を探していたが、見つからぬままクルマは山を下りてしまった。

 そんなわけで、何もせぬまま我われはまた長瀞を抜け、ハナゾノで自動車道に入り、東京に向けて走るのだった。

 結局、キャンプ場で作ったサンドイッチは自動車道のパーキングエリアに止まって食べることになった。


パーキングエリアのあやしい3人組

 東京への道は渋滞だった。

 御蓮論とリンケンは、夜にそれぞれ東京でヤボ用があったので、間に合うかどうか少し心配だったが、その日の渋滞はそれほど深刻なものでもなかった。ただ、運転していたうばすて山とリンケンを少し疲れさせただけであった。

マニュアル車は疲れる渋滞 

 東京に帰り着くと、お世話になったクルマを洗ってやった。


 数名の服を水でビショビショに濡らしながらも、洗車という楽しい仕事は終わった。そして相変わらずリンケンはひとり、写真をとり続けるのだった。

 イイワケ。「みんなはせっせと働いてて私はひとり写真をとって遊んでいたように見えるけど、実は私なりに記録係という重大な任務を遂行してたのでござるよ。」(リンケン談)

 ということで楽しい2日間のキャンプ旅行は終わった。
「また行きましょうね、みなさん。」



終わり


前日の日記 前ページの日記

die champ リンケン うばすて山 御蓮論

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

けものみちに迷え

ここ押さば 忍者画面に 戻るなり

English Map