戻る 寝盗太郎の間 月影丸の間リンケンの間 書きおき 筆談 来庵者帳 友人の庵 手紙

パープル・レイン

595. パープル・レイン by Rinken 2016-07-26 10:54:53

昨夜、丸の内ピカデリーに映画「パープル・レイン」を観に行った。
19:20から映画開始だったので、19時にピカデリー3のロビーで、同じくプリンスファンの友人と待ち合わせ。
30年来の友人だが、私がプリンス関連のものを観たり聴いたりするのに「立ちあう」のは初めてだと言われ、そんな大げさなものかと少し驚く。
映画が始まったとたん、目の前で大きなプリンスが生きて動き出して、まず動揺する。
いつ涙が出てもおかしくない状況のまま、次はなつかしい映像と音楽で心が中学生時代に戻ってしまう。
しかも私のとなりには中学生時代の友人が。
ここでまた激しく動揺してしまう。
かつて映画の途中でこんなに胸がいっぱいになったことがあったろうか。
その他いろいろ思うところはありながらも、映画は終了。
電気がついてみなぞろぞろと帰り始めたころにもふたりで座ったまま余韻にひたる。

そのあとのベトナム料理店では閉店時間を過ぎて追い出され気味だったが、それもまたいい思い出。
(前回その友人とベトナム料理店に入ろうとしたときは、目の前で看板の電気を消されてしまったので、それよりは一歩前進。)

I only want 2 see u laughing in the purple rain.
名前 :

確認語 : ※ここには「四七九二」を半角数字で入力してください。

内容 :