BACK

 2009年10月 

Valkyrie 序章 2009-10-01 23:15:47

今夜も家に帰って来るなりインターネットが死んでいたが、晩ご飯を食べていると復旧したので、このすきに日記を書いておこう。
本当に気まぐれで困ったことだ。

今日の午後、弊社Nさんに「わが闘争」のマンガ版を読ませてもらった。
一国の指導者となった人間が大量虐殺をおこなってしまう例の展開で、一気に私のまわりに物悲しい雰囲気がただよってしまった。
ヒトラーも、天から授かった演説の才能をもっとほかのことに使えば、いろいろと世界に貢献できただろうに。
「人間の形をした悪魔」とまで呼ばれてしまっては、もはや人間として生まれてきた意味さえなくなってしまう。

ときに、ルドルフ・ヘスの顔がかなりさわやかな青年っぽく描かれていたが、もっとまゆ毛の太い独特な顔だったはずだ。
前に読んだ「ゴルゴ13」に出てきたルドルフ・ヘスは、本物の写真によく似ていた。

あなたを許す 2009-10-02 23:50:30

雨の一日だった。
特に朝の雨が強く、駅から会社までの道のりの半分以上は、地下道を通った。

今日の仕事は、ほんのちょっとHTMLをいじった以外は、すべてVBだった。
それもコーディングではなく、既存のシステムのソースを追って内容を把握するという作業だった。

弊社Nさんが頻繁に片腕をななめ45度に上げていた。
そのうち大量虐殺を始めるのではないかと心配になった。

夕方に会社で新型のピノが支給された。

今夜もわが家のインターネットはまったくつながらない。
毎日、朝はつながるのに不思議なことだ。
明日はサポートセンターに電話しよう。


表題は、今日はガンジーの誕生日だったから。
(死ぬ間際、自分を撃った暗殺者に表題の意味のしぐさをしたと言われている。)

Tombstone Blues 2009-10-03 23:10:55

いよいよ、朝になってもインターネットが復旧しない日が来た。
午前9時にさっそくサポートセンターに電話してみる。
NTTの人が午後にうちに来て調査することになった。
なんと、マンションの中で電話線が切れているとのこと。
工事は長時間に及んだ。
そして、夕方に無事、インターネットと電話が復旧。
安心して数時間眠ってしまった。
目覚めたあとに晩ご飯を食べ、今に至る。
今日はまったく外に出ていないので、あとで散歩にでも行こう。

今宵も空に黄色い円盤 2009-10-04 22:43:44

久しぶりに蚊に刺された。
だが、そのあと部屋の壁にとまっている蚊を倒し、遺体をよく観察してみると、お腹が真っ赤で、ふくれていた。
どうやら私の血で満腹の蚊だったようだ。
仇討ちは果たした。


今夜はあまりに月が大きく、円く、黄色だったので、カメラを持ってマンションの屋上へ。
東の空を撮影した。

満月の画像

↓ちょっと引いて、町並みとともに。

満月と町の画像

↓ついでに池袋のサンシャイン60ビルが見えたので撮影。

サンシャイン60の画像

↓王子の方角に「北とぴあ」と思われるビルが見えたので、これも撮影。

北トピアの画像


秋の夜はいつも素晴らしい。

夕食後に素晴らしいホームページも見た。

Kyrie 2009-10-05 23:15:58

弊社Nさんの親せきで「切り絵師」をやっている人の個展が明日までということで、午後に急きょ、弊社全員で銀座に出かけた。
画廊には、作るのにかなり根気のいりそうな見事な作品が多数ならんでいて、見ていると、切り絵師ご本人様が詳しくいろいろと解説してくれた。
学年的には私より上だが、私と同じ年生まれの人だった。
私もいろいろと頑張らねば・・・。

http://homepage2.nifty.com/shunkan/

画廊を出たあとは、銀座に来たついでに、弊社で話題の+J(プラスジェイ)というものを見てきた。(*1)
買おうと思ったシャツがあったが、Mサイズでもかなり丈が長く、Sサイズは品切れしていたようなので、断念。
一方、弊社Hさんはおめがねにかなうものがあったらしく、購入していた。


今夜の弊社Nさんとの勝負は、2戦2勝。
長期戦に持ち込めば、勝機があるのかも。
2戦目は、自分でリーチに気づいてなくて、置いたらたまたま完成してしまったという恥ずかしい勝利だったのだが。




*1. ユニクロ(服屋) + ジル・サンダー(デザイナー)。

季節は移り行く 2009-10-06 23:44:50

夏からの惰性で毛布一枚で寝ていたのだが、早朝に寒くて目が覚めてしまった。

弊社では、きのうのユニクロ+ジル・サンダーに引き続き、本日はピノ+ブラック・サンダーが支給された。

PINO and BLACK THUNDER image

帰宅すると「けものみち」を預けているレンタルサーバーのデータベースが死んでいたらしく、「けものみち」に誰もいないという淋しい状態になっていた。

けものみち DB Error image

リアルな世界でも冬が近づくと虫や植物が減って山が淋しくなるが、たぶんそれと同じことなのだろう。


台風の影響なのか、一日雨模様だった。

鼻は顔の中央にあってフルツヘンヘンドしている 2009-10-07 23:36:27

連日雨で日が差してないせいか、今日は昼間でも寒いほどの気温だった。
昼寝にも毛布が必要だった。

ちょこちょこと小さな作業が一日中入って、本筋の仕事が思いのほか進まなかった。
謎を残したまま力技で終わらせた作業もあり、実にむずむずする感じだ。

今夜の弊社Nさんとの勝負は1勝1敗。
1戦めはマス目を数え間違えて敗北してしまった。
今後は大きな四角は早めに解析すべし。

昔、大学に通うため九州に部屋を借りていた兄のところに遊びに行ったら、部屋の四隅に100円玉が落ちていたのを思い出した。
20年以上前のことだ。




*1 「フルツヘンヘンド」・・・うずたかくなっていること。

18号 2009-10-08 23:57:31

昨夜はものすごい雨の音が、今朝はものすごい風の音が、外から聞こえてきた。
朝見てみると、マンションの廊下がかなり水びたしになっていた。
空は晴れていた。

出勤時に山の手線に乗ろうと駅に行ったが、JRは運転を見合わせ中だった。
仕方ないので、振り替え乗車券をもらって地下鉄に乗った。
定時までに間に合う感じだったが、地下鉄では、どこかの駅でドア故障した電車があったらしく、その影響で結局会社に数分遅刻してしまった。
それでも私は会社に一番乗りで、二番めの弊社Nさんがやって来たのは昼過ぎだった。

台風おそるべし。
大自然の力の前では「人間が作り上げてきた文明の力など無力に等しい」。


今夜は2戦2勝。
調子づいている。

三匹 2009-10-09 23:51:25

昨日仕事の小さな区切りがついたせいか、今日は少し落ち着いて作業をすることができた。
まだまだ潜在的な仕事がいくつもあり、実は見た目よりも多忙なのではないかという気もするが、毎日の作業をひとつずつ片づけていくのみだ。

今週末が三連休なのを、今日初めて知った。

午後にバーチャルな世界の株が上がり、恒例の弊社Nさんとの勝負は、今夜はなかった。

ブタクサに死す 2009-10-10 23:52:08

血小板の数値の変動を見るため、三か月ぶりに病院に行った。
先生に会う直前に、三か月前と同じ事件が起こった。
放送で私の名前が呼ばれると、すごい勢いで別の男の人が診察室に入って行ったのだ。
そして一分もしないうちに、その人は診察室から出てきた。
人違いだとすぐわかったようだ。
この、私と同年代の男性は、私と同姓同名らしいのだが、三か月前にも同じことをしていた。
前回と違っていたのは、先生がわざわざ本物の私を探しに診察室から出てこようとしていたことだ。
ドアのところでそちらに向かっている私を発見して、先生はまた診察室に戻った。
次の検査は六か月後だが、またそのときに同じ事件が起こるかどうか楽しみにしておこう。


さて、私のマンションの駐輪場は、駐輪場というよりは、ジャングルだ。

駐輪場画像

ブタクサかセイタカアワダチソウ(植物にあまり詳しくないのでどちらかわからない)の群生している中に、自転車を突っ込む感じとなっている。
しかも、この植物は「秋の花粉症」の原因となっている草らしく、毎日ここを通らなければならない私にとっては、実に大きな意味を持っている・・・。

ちなみに、右に写っているのが私の自転車だが、左の自転車はもう植物と一体化して、冬が来るまで草の中から取り出すのは不可能と言われている。

夜風 2009-10-11 23:22:29

ひとり、夜の風の中に飛び出す。
今日は朝からよく歩き、歩数の記録は二万歩を超えているが、私の体はまだまだ歩きたがっている。
明日も休日なら、それもいいだろう。

私には幸いなことに、重い心にも負けない健脚がある。

あやしうこそものぐるほしけれ 2009-10-12 23:43:04

きのうも今日も休日だったというのに、一度も昼寝をしなかったというのは、非常に私らしくない。
一日中あれやこれやと動きまわっていたせいか、休日にしては珍しく「今日を生き抜いた感」がある。

ただ、思ったことは、私は本当に人と話すのが苦手だということ。
私の方が客なのに、店員さんの前でひどく恐縮してしまう。
このような客は店員さんの方からしても、扱いにくいに違いない。

私は商品が欲しくて買いものに行くわけでも、お金が欲しくて働いているわけでもない。
その先に何があるのか見たいだけなのだ。




*1. あやしうこそ
   (不思議に、妙に)
   形容詞の連用形「あやしく」のウ音便。「こそ」は強意の係助詞。

*2. ものぐるほしけれ
   (気ちがいじみた感じがする)
   形容詞「ものぐるほし」の已然形。係助詞「こそ」の結び。
   形容詞已然形語尾の「けれ」を過去の助動詞「けり」の已然形と誤りやすいから注意。

Life is just a game 2009-10-13 23:40:52

第一章:冬のおとずれ

いよいよ、夜に仕込んだカスピ海ヨーグルトが、朝になっても充分固まらない時期がやってきたようだ。
まだそれほど寒いとも思えないが、冬は着実に近づいているのだろう。


第二章:午後の選択

おでこがヒドイ状態なので、しばらくチョコレートを食べるのをひかえようと思う。
夜、会社でお腹がすくとココアを飲んでしまうが、もしかしたらそれも良くないのかもしれない。
午後の空腹のために机の上にバナナか何かスタンバイしておかねば。


第三章:30秒の緊迫

今夜の弊社Nさんとの勝負は一勝一敗。
勝敗を分けるのは、リーチを見抜く目だ。
日に日にレベルが上がっている気がする。


最終章:そして明日へ

今夜こそきちんと上ぶとんをかぶって寝よう。

ドッカーン 2009-10-14 23:44:54

夜、オフィスにいたら外からものすごく大きな音が聞こえてきた。
「銃声?」
と皆で騒ぎながら暗い窓の外を確認すると、いつのまにやら外では雨が降っていた。
どうやら雷の音だったらしい。
そういえば今朝は傘を持って歩いている人を何人か見かけたが、予報でも今夜は雨ということだったのだろう。


私がチョコレートをひかえているの知ってか、弊社Hさんがおせんべいを持って来てくれた。
なんとありがたいことだろう。


今夜の弊社Nさんとの勝負も、一勝一敗。
一戦目は長期戦を制して勝利したが、二戦目はまたしてもリーチを見抜けずに負けた。

802SH 2009-10-15 23:44:21

今とりかかっている仕事のうちの二つが、一区切りついたというところ。
いつもより早めに会社を出たが、私の携帯電話の充電器がほぼ死んだ状態なので、帰りにフクロウの町の電気屋まで行った。
けっこう古い機種の携帯電話なので対応する充電器を探すのに苦労したが、なんとか欲しいと思っていたUSB型の充電器をゲットすることができた。
フクロウの町からは、歩数をかせぐために徒歩で帰宅。
駅三つぶんだが、あっという間に家に帰りついてしまい、今日の合計歩数も一万歩をちょっと超えている程度。
歩くのはまったく苦ではないが、途中にたちならぶラーメン屋やとんかつ屋や定食屋をすべて素通りしなければならないのは、かなり努力のいるおこないだった。

今夜の弊社Nさんとの勝負は、一戦目で勝って二戦目で負けるという昨日と同じ展開。
自分の四角作りに心を奪われて、相手のリーチを見逃すことなかれ。

せさみん 2009-10-16 23:49:16

まだまだかかるかなーと思っていた仕事がけっこう早く終わりそうな兆し。
もうひとつの方の仕事も、提出日がほぼ一週間のびた。
だんだん心の落ち着く生活になることだろう。

先日にひき続き、弊社Hさんがおせんべいをくれた。
前回と同じゴマのおせんべいだったが、前回のはゴマを固めて作った感じの濃厚なもので、今回のはせんべいの中にゴマがまじっている感じの比較的あっさりしたものだった。
前回のは三枚で満腹感を感じ、今回のは三枚ではお腹がさびしいと感じた。
ゴマの濃度によりこのような違いが出ることを、研究成果として発表しておこう。

夜、インターネットエクスプローラーのURL欄にJavaScriptを打ち込むととても楽しいことになるという技を、弊社Nさんに教えてもらった。

りんご復活 2009-10-17 23:49:43

午前中にホームページの更新、午後にプログラム、という見事な計画を立てていたのだが、目覚めたときにはもう、午前中は終わりかけていた。
早朝に一度起きて、バーチャルな世界で花の水やりをやったことは記憶しているのだが・・・。


わが家のインターネットがブロードバンド(フレッツ光)に変わって二か月がたったが、今日ようやくマッキントッシュをインターネットにつなぐことに成功した。
これでバカOSの Wind*ws に困らされる回数も減るかと思うとすごくホッとする。
というか、すごく簡単なことだった。

(Mac OS 8.6 での設定。)
りんごマーク → コントロールパネル → TCP/IP
を開いて、
「経由先」を「Ethernet」に
「設定方法」を「DHCPサーバを参照」に
する。
ただこれだけだった。

もともと高速のシンプルマシンでブロードバンドに接続すると、おそろしく快適な環境となった。
ただ、キーボードがあまりに古く、打っても反応しないキーがあらわれ始めたので、またマック用のキーボードを買ってこねばなるまい。

あてなき旅 2009-10-18 23:54:11

日常生活で私の着るシャツがどう考えてもたりてないので、自転車でフクロウの町まで買いに行った。

フクロウの町では反射材フェアというものが催されていた。

反射材フェアの画像

夜道でトレーニングするときは、反射材は必須アイテムだ!

それはさておき、服屋でシャツを買ったが、うちのマック用のキーボードが壊れているのを思い出し、ついでに電気屋にも行った。
そして、店員さんに尋ねると、衝撃の事実が。
OS8.6用のキーボードは、在庫がないとのこと。
しかも、現在は海外のものが一種類だけしか出ていないらしい。
購入して十年、とうとう周辺機器が買えないレアマシンになってしまったか、うちのマック・・・。
店内を駆け巡り、在庫を調査し、ほかの店員さんにも相談してくれた親切な店員さんにお礼を言って、電気屋をあとにした。

こうなったら次回は名前がAで始まる「電気の町」に行かねばなるまい。

Me.OrderByOn = True 2009-10-19 23:48:33

仕事で、最近の壁となっていた難関をひとつ乗り越えた。
これでいったん、ひととおりの仕事が収束しつつある。
それを祝うかのように、本日支給されたピノには、星形が入っていた。

星形ピノの画像


だが、今夜の勝負は残念なことに、弊社Nさんに二敗してしまった。
週末に猛特訓でもしたのだろうか。
複雑な二重リーチで攻めてくるので、かなり手ごわくなった。

撮影会 2009-10-20 23:51:28

明確なしめ切りのある仕事が一段落しているせいか、落ち着いて過ごすことができた。

いや、それよりも弊社Nさんとの勝負で、リーチが全然見抜けなくなっていることがヤバイ。
今夜も二敗してしまった。
またコンピュータを相手にひとりで特訓を始めなければいけないようだ。

今夜はオリオン座流星群が見やすい夜らしい。
七月のペルセウス座流星群のときもそうだったが、わざわざなんでこんな平日の夜にピークをむかえるのだろう、流星群。

トウメイ 2009-10-21 22:34:25

けっこう遅くまでオフィスにいてしまった。
仕事が忙しいのかどうかは微妙なところだが、数々の難関があったことは確かだ。

今夜の弊社Nさんとの勝負は、一勝一敗。
二戦目はラッキーで勝ったような気がして、あまり喜べない。

高速道路の話をしているときに「トウメイ」と言ったら何のことなのかを理解できない人がいるというのも、あまり喜べない。

新定石 2009-10-22 23:49:36

夜はバーチャルな世界でとなりの村のカブかが上がり、売りに行かせてもらった。
おかげで今週は、844万の黒字だ。

今年の誕生日(四月)にもらった「歩いてわかる生活リズムDS」というニンテンドーDSの万歩計ソフトの、エンディングを見てしまった。
電車の中で突然エンディングのスタッフロールが始まり、ヘッドホンも持っていなかったので、BGMが聴けず、残念。
ちなみに、そのあとどうなるのかと思ったら、二周目が始まってしまった・・・。

最近、夜の勝負で弊社Nさんに勝てなくなってきた。
未来のダブルリーチに備えて最初の一手から計画的に進めている弊社Nさんに対して、私は無計画でオーソドックスな手法しか使っていないのが、大きな違いだろう。
リーチを見抜く目も全然きかなくなってきたので、また根本的に戦法を変えるしか手はなさそうだ。

Investigating the Supernatural 2009-10-23 23:47:20

昨夜、真夜中ごろ兄から電話がかかってきた。
うちはあまり壁の厚いマンションではないので、夜中に電話で話すときには声の音量にかなり気をつかってしまう。
ものすごくボソボソとしゃべっていたので、元気がないのかと思われた可能性を捨てきれない。


今日は朝から晩までプログラムを書きまくった一日だった。
昼休みにも自分の趣味のプログラムを書いていたほどなので、これは本当に「一日中」と言えるだろう。
趣味の方のプログラムでは、新しいタイプの掲示板の制作をほぼ完了した。
何かひとつのものを作り上げるというのは本当に気持ちのいいものだ。
プログラマーという仕事なら、この気分がしょっちゅう味わえる。


今夜の弊社Nさんとの勝負は、いろいろな新しい方法を試してみたが、イマイチ迫力に欠け、結局負けてしまった。
やはり、自分でも混乱するぐらい複雑な状態まで持ち込まないと、勝機が見いだせないかもしれない。


あやしい本を借りた。

空き地マニア 2009-10-24 23:43:43

何度か外に出たが、もはや今までの服装では寒すぎた。
見上げれば、一面、今にも雨の降りそうなどんよりとした空で、夕方に私が家に引き上げてから雨の音がし始めた。
そうなるともう外に出る気になれず、長時間パソコンの前に座っていたら目が痛くなってしまった。

草ぼーぼーの空き地は心がなごむ。

空き地画像

夏場はもっと激しく雑草が生えていたが、気温が下がってきた今もなお、この空き地には人々を引き込む魅力が充分にある。
(自転車をとめて突然撮影を始めても、まわりの人に変な目で見られることもなかった。)

バンシュー 2009-10-25 22:42:59

部屋でじっとしているとちょっと寒すぎる感じがしてきた。
手がかじかむほどではないので、厚着をしてやり過ごすのがいいだろう。
ストーブをひっぱり出す時期ではない。

朝からいろいろと行動しているが、いっこうに「やることリスト」が全部終わらない。
時間の使い方がヘタクソなのだろうか。
週末の休みがもう半日必要だ。

持ち運び用のソーイングセットを買ったら、白いボタンが二つも入っていた。
こんなハイカラなものをどこにつけろというのだろう。

上々 2009-10-26 23:32:03

台風が近づいているらしい。
知らずに、雨が強いなーと思いながら出勤してしまった。
台風は明日には過ぎ去ってくれるらしいので安心だが、今もまだ雨の音が外から聞こえている。

本日の終盤、かなり急ぎ足で書いたプログラムがけっこうちゃんとできていて、われながら感心した。
経験と慣れのなせるワザだということにしておこう。

今夜の勝負はなんと弊社Nさんに二勝した!
何か油断していたのだろうか。

いつも表題はダブルミーニング、または、トリプルミーニングなことが多いのでご注意を。

にし、うわっ!みかん 2009-10-27 22:51:47

これからの一週間に備えていろいろ打ち合わせをした。
なぜなら私の仕事が遠隔操作になるから。
もしくは私が仕事をしないから。

今日は自分のモバイルPCの中にそのための準備をいろいろ整えた。
SSHでサーバに入れれば、そしてルートのパスワードさえ覚えていれば、何とかなるだろう。
一番いいのは、私が何もしなくていい状況が続くことだが。

今夜の弊社Nさんとの勝負は二敗してしまった。
きのうの二勝がまぼろしのようだ。

西宇和みかん画像

↑今日のは、すっぱくなかった。

スーパーエクスプレス 2009-10-28 23:09:18

家を出る直前にベルトのバックルが崩壊。
しょっちゅうズレるズボンを引き上げながら歩き、新幹線に乗った。
何も考えずに自由席車両の中で座っていたら、だんだんとのどが痛くなってきた。
気がつけばかなりケムイ。
どうやら喫煙車両に座ってしまったようだ。
禁煙車両を見に行ったら席がうまっていたので、名古屋までデッキで立ってすごし、名古屋で降りた禁煙車両の人の席をすばやく見つけて、すべり込んだ。
新幹線を降りてベルトを購入。
これでやっと人並みに歩けるようになった。
上記のような苦労のせいか、今はとても眠い。

「戦車模型ちゃんねるB」というブログの最終投稿記事を読んで涙が出そうになった。

メンソレータム 2009-10-29 21:52:10

午前三時半起床。
タクシーに乗り、電車に乗り、その他でっかい乗り物に乗り、遠い場所までやって来た。
今日はいつも何頭もの獅子に見つめられていた。
昼食も夕食も肉の量が多かった。
けっこうな距離のドライブもした。
天気が良くて最高の一日だった。
謎解きのようなこの記述の答えを探す必要はない。
地球はいつもまわっていて、私はいつも謎をまき散らすのだから。

じんべえ 2009-10-30 20:21:26

上ぶとんをかぶらずに寝たが、風邪をひくことはなかった。
今朝はゆっくり午前六時ごろ起きて、ゆとりを持って過ごした。
30キロメートルほど車で走って水族館に行ったが、全部見てまわるのに一日かかった。

「のぼり禁止 すべり注意 飛び渡り禁止」の注意書き

ここ数日、なかなか充実している。
摂取している栄養バランスも、抜群にいいように思う。

じんべえタッチ 2009-10-31 21:58:17

午前五時半起床。
今日は午前中にスキューバダイビング、午後に海水浴。
きのう水族館で見たジンベエザメという何メートルもあるでっかいサカナに、今日のダイビングでは、タッチしてきた。
スキューバダイビングが生まれて初めてだったので、最初に冷たい海の中におろされたときには、軽いパニック状態になり、底に足のつかない不安な状態で船のロープにつかまりながら、ヘタしたらこのまま死ぬのではないかと思ってしまった。
しかし、昔読んだ忍者の本に「困難なときほど初心にかえれ」とあったのを思い出し、まず落ち着くことから始めようと思い、酸素ボンベの音を聞きながら深呼吸しているうちに、自分の体を思うように制御できるまでに回復した。
水面から何メートルか沈んだときに耳が痛くなり、地上でインストラクターに教えてもらった「みみぬき」というものをしなくてはならないと悟った。
最初何回かうまくいかなかったが、一度「みみぬき」が成功すると、あとは楽になった。
それから先は、興奮しっぱなしの楽しい世界。
ジンベエザメの口の中を何度ものぞきこんできた。
まるでキレイな洞窟のようで、そのまま入って行けそうだった。

ダイビングにハマる人の気持ちがわかった。
経済的余裕さえあれば、毎日でもやりたいところだ。

ヤドカリ画像

BACK