BACK

 2012年09月 

健康診断 2012-09-03 23:55:40

週末に、人類に失望するようなことがあり、昨夜などは日記を書く気になれなかった。
人のものを盗むような人間が近所に当たり前のようにいると考えるだけで、気分が悪くなる。
今日もちょっとその兆候のあるおばさんを見かけて、悪い気分にまた拍車がかかってしまった。

さて、今日は会社の健康診断だった。
午後からの診断スタートで、バリウムを飲んで胃の検査をするため、朝ご飯は抜きだった。
検査終了後にみんなお腹が死ぬほど空いているのを見越してか、出口でパンやお菓子やジュースをもらえた。
バクバクと食べてしまった。

バリウムの後に飲んだ下剤の効果で、今もまだ少しお腹の調子が悪い。
これは毎年のことで、仕方ない。

今日は雨予報ではなかったのに、健康診断に行くときは雨が降っていた。
帰宅時には降りやんでいたが、また今、窓の外から雨の音が聞こえている。

きらめく稲妻とどろく雷鳴 2012-09-04 23:46:23

昨日はほんのちょっとだけ秋らしくなったかとも思えたが、残暑はまだまだ続きそうで、今日はまた朝から暑かった。

弊社のふたりが不在の日だったが、そのふたりが関わっている仕事でプレスリリースを出したらしく、私にはまったく返答のできない問い合わせの電話が何件かかかってきた。

帰りに電車に乗っていたら、ときどき外がピカっと光り始めた。
どうやら雷のようだった。
駅に着いてみると、短い時間だったが大雨が降り、大きな雷鳴も聞いた。
小さな傘しか持っていなかったが、幸いほんの短時間雨宿りしただけですぐに弱い雨に変わった。

帰宅後、闘技大会クエストをふたつほど、やってみた。
これはこれで、おもしろかった。

牛タン 2012-09-05 23:54:36

弊社S代表が仙台の出張から帰って来たのだが、その流れで、昼食は仙台に本店を持つ牛タン専門店の新宿支店で食べることになった。
S代表はその本店で昨日食べてきたばかりで、その前の日も仙台で牛タンを食べたらしいので、三日連続の牛タンとなったようだ。
ふだん焼き肉屋で食べるような薄い牛タンではなく、厚みのある牛タンが出てきて、味もなかなかおいしかった。
思いがけない豪華な昼食となってしまった。
おごってもらったのだが。

今、隣りの部屋からけっこうな話し声が聞こえている。
昨夜もそうだった。
最近は静かにしてくれるようになってホッとしていたのだが、また前の状態に戻ってしまうのではないかという不安がわき上がってきた。
0時を過ぎても続くようなら、また何かアクションを起こさねば。

全員集合 2012-09-06 23:59:27

私は遭遇しなかったが、一日の途中で雨が降ったようだ。

本来木曜日は、弊社のふたりが千葉へ出張で、私がひとりで会社の留守番をする場合が多いのだが、今日は珍しく偶然が重なり、全員集合している木曜日だった。

あまり興味はなかったのだが、ガリガリ君コーンポタージュ味がしばらく販売休止になるというニュースを読んで、1回ぐらい食べておけばよかったと思ってしまった。
「逃げた魚は大きい」という、あれだ。

帰宅後、高難度クエストを何個か消化したが、まだまだうんざりするほどたくさん残っている。
寝る前にもうあと何個か済ませておこう。

秋近し 2012-09-07 23:47:26

朝、目覚めたときに、いつもより涼しかった。
いよいよ秋も近づいてきたようだ。
ふと、東北の秋はすぐ終わるので、遊びに行くなら早めに行かねばと考えてしまった。
別にそういう予定があるわけではないのだが。

帰宅後は夕食をとり、ガノトトス3頭の高難度クエストをやった。
実は「高難度」と題されているものの方が、普通のクエストより簡単だという事実。
高難度クエストは複数のモンスターを狩猟するものが多く、1頭だけを狩猟するクエストよりもそれぞれの個体の体力が低めに設定されているので、倒しやすいのだろう。

食後に食べようとポテトチップスを帰りに買ってきたが、いまだ封を開けていない。

ネットワークプレイ 2012-09-09 23:57:32

昨日は、本棚から地獄先生ぬ〜べ〜を一冊取り出したのが運の尽きで、そのまま一日続きを読みふけってしまった。
私にとっては、飽きのこない、お気に入りのエピソードのたくさんある、今まで読んだ中でも指折りの作品だ。
全巻は読まなかったが、それでもほぼ一日をつぶせた。

今夜は、「ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング」で、初めてネットワーク協力プレイをやってみた。
チャット機能がない(あるのかもしれないが見つけてない)ので、連絡はメールでやりとりして、プレイは淡々と無言でやる感じだった。
一人でやるときより難易度が上がっていた気がするが、気のせいかもしれない。
なかなかおもしろかったので、またやる予定。

シンガポールから 2012-09-10 23:45:05

明日来る予定だったシンガポールのZさんが、なぜか今日来た。
お弁当を用意していたが、急きょ、昼食は外で食べることになり、会社のそばのハンバーグ屋へ行った。
Zさんはシンガポールでおいしいお食事処を見つけたので、リバウンドしたとのことだった。
また、Zさんは今の仕事の契約を延長することはないらしく、シンガポールでの仕事はあと半年で終わるらしい。

帰宅後、お昼用に用意したものを夕食として食べ、相変わらず普通より簡単な「高難度クエスト」を二つほどやり、今に至る。

今朝、睡眠は最低でも一日6時間とるべきということを聞いたので、今夜は午前一時には寝ようと思う。
実のところ、平日は4〜5時間ほどしか寝ていないので反省している。

刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX 2012-09-11 23:59:14

とうとう買ってしまった。

刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX 画像

定価が71400円のものだが、最初に見つけたときは有名通販サイトで5万円程度だった。
それでも高いなあと思いながら値段が下がるのを待つことにしていたところ、先週見るとなんと3万円ちょっとになっていた。
そもそも旧シリーズのDVDボックスをすでに持っているので、今回買うとしたらその理由はまだ所有していないコロンボの新シリーズのためだけということになるのだが、残念なことに新シリーズは旧作に比べて作品のミステリー、ドラマとしての出来が非常に悪く、それだけのために何万円も出すのはどうかと考えてしまうレベルのものだった。
(しかも、新シリーズのDVD化と発売は最初の方の少しだけされていて、続きが発売されないまま何年も野放しになっていたため、そういうメーカーの態度がファンの人たちからかなり批判されていた。)
今回、旧作のブルーレイを含めて3万円なら、わりに合うと思えたので、購入に踏み切った。
正直、まだ見てない新シリーズを観るのはそれほど楽しみとは言えないが、旧シリーズの「策謀の結末」の小池朝雄氏による日本語吹き替えが入っているだけでも、それなりの価値がある。

毎日ちょっとずつ観ていこう。

Tempest 2012-09-12 23:57:10

朝、起きて出かける準備をしているときはやや涼しく感じたが、外に出てみると強い日ざしの下では汗をかかずにはいられず、まだ秋はもう少し先なのだなと思った。

シンガポールのZさんは三日連続で弊社に顔を出したが、次は群馬の実家の方へ帰るらしく、今日見たのが今回の帰国での最後の姿となった。

ディランのニューアルバム Tempest が海外で発売になったが、新曲のビデオクリップは相変わらず暴力的な内容だった。
最近のディランのビデオクリップは暴力的なのが多い。
前の Beyond Here Lies Nothin' とか。

帰宅して夕食のあと、まだ終わっていなかった狩りのクエストを三つほど終わらせ、今にいたる。
こんな時間なのにまた今日も隣りの部屋が騒がしい。
いつも0時を過ぎると静かにしてくれているようだが、今夜は酔っているようなので、真夜中を過ぎても騒がしいようなら、例によって隣りのドアをノックしようと思っている。

はよ来い、秋 2012-09-13 23:57:45

今日もまた気温は30度越えで、秋の訪れが待ち遠しく感じる一日だった。
外を歩くときは汗をふくハンカチが手放せない。

会社ではひとり留守番状態だった。
特にトラブルもなく、一日を終えることができたが。

帰宅後、となりの村のカブかが高騰したので、売らせてもらった。
夕食の後で満腹のいい気分だったせいか、カブを売っている途中にうたた寝してしまった。
そうこうしているうちに、またこんな時間に。

先日買ったコロンボのブルーレイボックスは、まだ一話も観られていない。

奉納って何だろ 2012-09-14 23:54:09

金曜の夜はよくあることだが、帰りに「寄り道魔」と化してぶらぶらあちこちに寄ってきた。
特に本屋は読んでみたい本がたくさんある「夢の店」であり、どうしても長居してしまう。
今狙っている本はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」など。
ただ、一冊が結構な値段であるうえに、上、中、下の三冊にわかれているので、この本の購入には勇気がいる。
今日もちょっとだけ立ち読みして店を去った。
ちなみにこの本の訳者は、偶然だが、私が大学に入学したときに、その大学の学長だった人だ。
入学式などで数回見たことがあるだけで、あまり近寄ったこともないのだが。

本屋を出て少し歩くと、中里のあたりでお囃子の音が聞こえてきたので、その方にふらふらと歩いて行った。
公園でにぎやかに奉納踊りをやっていた。
ちゃんとした太鼓をたたく舞台が作られ、そのまわりを大勢のゆかた姿の人が踊っていた。
夜だったが、公園はたくさんのちょうちんで照らされていて、踊っている人の中には西洋人の姿も見えた。

帰宅して夕食をとったあと、先週の二の舞で「ぬ〜べ〜」を読んで休日をつぶしてしまわないように、読んでない残りの巻をせっせと読み進めた。
何度も言うが、実に素晴らしいまんがだ。

寝た日 2012-09-15 23:37:47

朝、だいたいいつもと同じ時間に起きたのだが、ご飯を食べて、まんがを少し読むと、また眠ってしまった。
目が覚めると、夕方だった。
どうも平日の寝不足がだいぶたまっていたらしい。

夜になってから出かけ、いろんな店をぶらぶらして、少しだけ買いものをしてきた。
多少涼しくなったとはいえ、まだまだ外の気温は夏だった。

遅い晩ご飯を食べ、今にいたる。
このあとは少し狩りをして、できればコロンボのブルーレイを観て、寝る予定。
三連休だが、背中の肌の調子が悪いので、今週はあまり動きまわらないようにする予定。

「復讐を抱いて眠れ」「殺意のナイトクラブ」「幻の娼婦」 2012-09-16 23:57:13

とうとう先日買ったブルーレイセットで、コロンボの新シリーズを観はじめた。

復讐を抱いて眠れ
新シリーズの中でも比較的、旧シリーズのテイストに近く、出来もそれほど悪くないという噂の作品だったので、真っ先に観た。
シリーズ終盤の作品なので、コロンボがすごいおじいさんだった。
確かに新シリーズにしては、話の展開に無理があるところもなく、オチも納得の行くもので、まあまあだと思った。
犯人役は旧シリーズの「祝砲の挽歌」や「仮面の男」などで犯人役をやっている、パトリック・マクグーハンで、今回もいい味を出している。
葬儀社の話というところも、楽しめた。
くり返し観たくなるほど印象的なシーンやおもしろい話の流れがあるわけではないが、無難におもしろかったという感じ。
ただ、コロンボの最後の台詞がけっこう辛らつで、そういうところが新シリーズなのだな、と思った。
殺意のナイトクラブ
新シリーズの最終話。
コロンボが完全に白髪になっている。
現代風のクラブミュージックが全編を彩っていて、旧シリーズのコロンボからは考えられない雰囲気なのだが、ミステリー、ドラマとしては、けっこういい線を行っていると思った。
マフィアの使いとコロンボのやりとりなどは、ある意味印象に残るし、若い犯人の雰囲気、人柄も私はそれほど嫌いではない。
コロンボの「最後の作品」としては、ありだと思った。
幻の娼婦
上記2作に比べて、コロンボが若い。
もちろん旧作からみると、かなりふけているのだが。
冒頭で、犯人があまりにかわいそうな展開になり、コロンボはこの人を捕まえなくていいんじゃないかと思ったりもしたが、最後にコロンボが犯人に対して「たいへんつらかったでしょう」と同情しているので、ちょっと救われた。
途中、コロンボが立て続けに人生相談されたりして、おもしろい展開もあるのだが、クライマックスでちょっと現実味のない出来事が起こり、やはりマイナス点。
ただ、犯人の心情が深く語られた点では、高ポイントをあげたい。
多少不満は残るものの、おもしろい部類に入ると思った。
このあとは新シリーズ中の最高傑作と言われる「だまされたコロンボ」を観る予定。

だまされたコロンボ 2012-09-17 23:57:41

昨夜、刑事コロンボの新シリーズの中でも評判のいい「だまされたコロンボ」を観た。
確かにトリッキーな展開でおもしろいが、私的には、部分的に多少難があると思った。
細かく書くとネタバレになってしまうので詳細は別の機会に記そうと思う。
前半に殺人シーンが描かれず、本当に殺人が起こったのかどうか、犯人は誰なのか、ということを視聴者もいっしょに考えるパターンは、前例がないわけではないが、コロンボシリーズでは珍しい。
「だまされたコロンボ」というタイトルが、ある意味そのままなので、これでいいのかという気もした。
原作者は最後のシーンのアイデアを、別の人から買ったという話だが、これって実はエドガー・アラン・ポーの有名なあの話の現代版ではないのだろうかと思ってしまった。
ネタバレになるためいろいろ詳しく書けなくてもどかしいので、この辺にしておこう。

今夜はロード・オブ・ザ・リングを少し進めた。
装備がだんだんと強力になってきたので、楽しくプレイできるようになってきた。
ネットワークプレイだったが、仲間の都合により、今日は終始ひとりでのプレイだった。

三部作だなんて 2012-09-18 23:54:47

西日本では大雨の降るところもあるとのことだったが、東京の天気はくずれることはなく、平和だった。

今年の12月に公開ということで楽しみにしていたホビットの冒険の映画が、三部作になったと知って、あ然とした。
次回が来年の12月で、最後の作品は再来年の夏になる予定だそうである。
そんなに待てないし、あの本の分量を三部作にするのであれば、指輪物語の方は15部作ぐらいになっていたはずだが。
監督がノリノリなのと、映画会社の人がせっかくなのでもうけたいという理由の、両方なのだろう。

帰宅後、ちょっとだけロード・オブ・ザ・リングのゲームをやろうと思って始めたら、結局一時間以上プレイしてしまった。

これから天気は下り坂に向かう予報。
大雨になるということだ。

2012-09-19 23:59:58

一日は相変わらず暑く、いやな感じだったが、空気の中にかすかに秋の気配を感じられないでもない。
ちょうどいい気候の時期がほとんどなくて、そのまま寒い冬に直行してしまうのかな、などとなんとなく心配したりもした。
意味もない不安が浮かび上がるのが、秋が近づいている証拠なのだろう。

人と自分の価値観を違いを埋めようとしてはいけないのだなと、改めて思った。
かすかには、前々から思っていたことなので、その経験にもとづいて行動できたとは思うが。

抽象的なことばかり書いても、読んでる人はいやな気分だと思うので、またいつものように仕事のことでも書こう。

ギャ○クシータブレットのブラウザが特殊すぎて、本当に困っている。
本当に開発者泣かせの品物だ。
他の開発の10倍ぐらい疲れる。

もう寝よう。

巨人 2012-09-20 23:53:09

今日は定時に会社を上がり、帰宅するなり仮眠した。
おそらく30分ほどで起き上がり、夕食を食べ、誘われたので仲間とロード・オブ・ザ・リングのネットワークプレイをした。
ゲームにチャット機能のようなものがまったくないので、メールのやりとりで会話した。
ひとりプレイになってからも余韻で巨人を倒し、新しい土地へ行けるようになった。
あっという間に0時が近づいてしまった。

やはりちょっとだけ秋を感じていると思う。
暑いことは暑いのだが、微妙な気配がする。
思い込みか願望かもしれないが。

夏もそろそろ飽きた 2012-09-21 23:53:31

昼間、強い雨の音が聞こえたが、私の会社の行き帰りには雨にあうことはなかった。
毎日着実に気温は下がっている気がする。
動いても汗をかかずに済む季節がやってきたら、いろいろアクティブになれる気がする。

帰宅後、ロード・オブ・ザ・リングのゲームを進めた。
原作でも出てきたあの人物が、もうすぐ出てきそうな気配だ。

今週末の予定だった新刑事コロンボ鑑賞会は、なしになった。
というわけで、この週末は何をしよう。
先日の健康診断の結果でも持って、病院にでも行ってみようか。

旅の仲間 2012-09-22 23:43:24

朝起きるつもりだったのだが、起きたのは昼ごろ。
隣りの部屋の騒ぎで起こされた。
ロード・オブ・ザ・リングのネットワークプレイを何時間かやって、夜に出かけた。
食事したり、いろいろと楽しんで帰ってきた。

帰りの電車の中で、指輪物語の「旅の仲間」を読み終わった。
最後の方は衝撃的であり、ちょっと感動的でもあった。
「旅の仲間」は上1、上2、下1、下2の計4冊で、次の「二つの塔」は上1、上2、下の3冊、最後の「王の帰還」は上、下の2冊なので、冊数で言うと次はちょうど折り返しの巻ということになる。
12月公開の「ホビットの冒険」の映画の前にこれ全部と「ホビットの冒険」をもう一度読み直したいところだが、今の速度だと、間に合うかどうかは微妙だろう。

駅からの帰りには雨が降り出していた。

ひんやり 2012-09-23 23:57:09

昨日からの雨のせいもあってか、今日はやっとひんやりとした空気を感じることができた。
長い夏に耐え抜いて、今年もこの「ひんやり」ということばが使えることを嬉しく思う。
冬までにはまた暑い日が何度かあることはあるだろうが、確実に秋が近づいていることを感じられて、安心した。

外では雨の音が大きかったので、ロード・オブ・ザ・リングのゲームを進め、コロンボの新シリーズを一本観たりして過ごした。
今日鑑賞したコロンボは「狂ったシナリオ」。
最後の方まではすごくいいと思ったが、ラストのクライマックスで、新シリーズおなじみの問題が発生。
制作陣はおもしろいと思って作っているのかもしれないが、コロンボファンがこのシリーズに望んでいるのはあんなものではない。
素晴らしいドラマが最後で台無しになってしまった。

夜雨 2012-09-24 23:55:04

予報どおり夜は雨になった。

今日も比較的涼しく、歩くと少し汗が出たものの、汗で体が気持ち悪いという感じではなかった。

仕事から帰宅後、仲間とネットワークプレイでロード・オブ・ザ・リングを1時間だけ楽しんだ。

今も窓の外から雨の音が聞こえている。

ふと、何日か前にコンビニエンスストアの中で、ティアーズ・フォー・フィアーズの「シャウト」が流れていたのを思い出した。
曲の最後には、この曲が流行った年代とこの曲が入っているアルバムの紹介のアナウンスが入っていた。
アルバムにはこの曲のほかにも「ルール・ザ・ワールド」などのヒット曲が入っていると言っていた。
どうせなら「ルール・ザ・ワールド」の方をかけてくれればいいのに、と思った。
ちなみに私はそのアルバムをCDで持っている。
なぜこの件を今思い出したのかは、正直、わからない。

ノーマル・ヒロイック同時進行 2012-09-25 23:55:30

昨日にひき続き、涼しい日になってくれた。
この気持ちのいい気候の間に、どれだけ活動できるかが冬までの課題となるだろう。
たぶん秋は思ったより長くない。
あっという間に、逆に寒くて行動したくなくなる季節が来る気がする。

帰宅後、また一時間ほどネットワークプレイでロード・オブ・ザ・リングを楽しんだ。
一日一章のペースで進んでいる気がする。
さすがに協力プレイは早い。

明日も暑くならないことを祈りながら寝よう。

ビックロロロ 2012-09-26 23:55:47

前日より少し気温が上がった気もするが、やはり涼しかった。
ジャバスクリプトやギャラクシータブにまつわる仕事上の問題を除けば、平和な日だった。
書類の束の中から目的の情報を探し出すという作業もあったが、そちらも無事に終わった。

明日、新宿のビックロ(ビックカメラとユニクロの合体)がオープンするらしく、ビックカメラの店の前でさかんにチラシをくばっていた。
服を買ってためたポイントで電化製品が買えると嬉しいのだが、実際はその逆のことができるらしい。
詳細はまた調べないとわからない。

今夜のロード・オブ・ザ・リングのネットワークプレイはお休みだった。

明日は会社でひとり留守番状態の予定。

レジェンダリーに突入 2012-09-27 23:51:11

今日もまた前日より少し気温が下がった気がした。

本日オープンの新宿のビックロ(ビックカメラとユニクロの合体)は、朝店の前を通りかかると、案の定、長蛇の列ができていた。
今回はユニクロ成分が含まれているせいか、いつもその場所で見かける行列よりも、含まれるおばさんの数が多い気がした。

今日は会社でひとり留守番状態で、しかも電話もまったく鳴らなかったので、のんびりと作業を進めることができた。
ひとりだと緊張が解けるので、頑張ろうという気が半減するのが、困りものだが。

ほぼ定時に会社を上がって、家でのんびりと夕食をとり、ネットワークプレイでロード・オブ・ザ・リングを楽しんだ。

そんなこんなで、0時が近づく。
なんだか眠いので、1時までにはいろいろ済ませて、寝ようと思う。

秋はさらに深まる 2012-09-28 23:57:28

また今日も、もう今年は暑い日は来ないんじゃないかと思える一日。
かなり涼しいが、まだ半そでのシャツ一枚で外を歩いてもなんとか大丈夫だった。

ひとりで留守番状態だった昨日にひき続き、会社に人は少なく、終日、弊社S代表と二人きりだった。
S代表はお昼に、先日壊れたノートパソコンの代わりの品を買いに電器屋に行ったようだ。
まけてもらうことに成功したと言っていた。
例の「他店より1円でも高い場合は…」というやつを利用したらしい。
ただ、パソコンの軽さを重視し、かつ、店員さんに急いでいるという印象を与えようとしたため、肝心のパソコンの詳細をあまり見ずに買ってしまったようで、帰ってきてから、「LANケーブルをさす穴がない」「大きいモニターにつなげない」などの事実を知り、ショックを受けていた。
15万近くする買いものでそのミスはありえないと思ったが、ちょっとかわいそうだったので、何も言わずにおいた。

帰宅後、夕食をとると、2時間近くうたた寝した。
何ともない気がしても、やっぱり疲れているようだ。

ただ寝た日 2012-09-29 23:51:05

やはり疲れがたまっていたのか、ほぼ一日中、寝ていた。
外の天気も知らないし、世間のニュースも知らない。
明日は何かしようと思う。
週休が二日あって、よかった。

今夜はコロンボの新シリーズの、「殺意のキャンバス」を観る予定。
新シリーズにも、たまにいい作品があるので、一応全部つぶしておかねば。

コロンボ5本め 2012-09-30 23:55:59

珍しく、苦しい夢を見ながら、目覚めた。
おかげで日曜日なのに早起きできたが。

台風が近づいているので、今日はほぼ一日部屋で過ごした。
夕方にちょっとだけ用で外に出たときには、弱い雨が降ったりやんだりの変な天気だった。
台風はちょうど今関東の真上にいるらしい。
ときどき風で窓がガタガタ揺れている。

今日はおもにコロンボの新シリーズを観たり、誘われてロード・オブ・ザ・リングのネットワークプレイをしたりして遊んだ。
観たコロンボは次の通り。どれも、新シリーズにしては、まあまあの作品だと思った。
今は「影なき殺人者」を観ている途中。
始まったとたんに、前にテレビで途中から観たことがある作品だと気づいた。
オチは知っているが、そのまま観続けることにした。

BACK