《Paddington Station》

映画 〔Paddington〕

ホームの時計の下あたりにボクはいま~す(写真を撮っている人がいるからすぐにわかるヨ)

  

Paddington Bear

くまのパディントン( Paddington Bear )は、イギリスの作家マイケル・ボンドの児童文
学作品に登場する架空のクマのキャラクター。1958年10月13日に出版された
"くまのパディントン/A Bear Called Paddington"で登場し、以後一連の作品の主人公

2016年春日本でも上映され、ヒットした『熊のパディントン』・・・予告編でとても可愛く
て印象に残り、 Londonに行ったら是非パディントン駅に行ってみようと思っていました。
駅は改装中で、専門ショップの位置はエスカレーターのそばにあり、親切なショップスタ
ッフから『パディントン銅像』が設置してあるLondonマップをいただきました。銅像は帽子
をかぶり、トランクに座って、チョッと日本の『寅さん』に似ていました・・・・・(^^ゞ
パディントンのぬいぐるみは街中で売っていますが、専門ショップで購入すると可愛いビニ
ール袋に入れてくれます。その他、カレンダーやノート、エコバッグなどいろいろあります。

・・・世界中から訪れた観光客が立ち寄っていきます・・・

       

ショップでいただいたパディントンのかわいいチョコレート

     

        YDSに来たパディントン            “ Paddington 2 ”が2018年に公開されます

トレードマークのコートと帽子を身につけたぬいぐるみは、表情も少しずつ違ってみえ、どの子を選ぶか迷います。
パディントンには「どうぞこのくまの面倒をみてやってください。お願いします。」という荷札が付いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《Baker Street tube station》

    

シャーロック・ホームズ博物館

〔221B Baker Street〕は、アーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズシリー
ズ』
において、主人公の私立探偵シャーロック・ホームズが住んでいた下宿の住所。

1990年3月にベーカー街221Bを示すブループラークが取り付けられた

入口には見学者の列が・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビートルズ ストアー

・・・シャーロックホームズ博物館の隣りにあります・・・

Tシャツ、ステッカー様々なビートルズグッズ、中にはすごいお値段のレア物も。
店内は世界のファンでごった返していました。さすがビートルズは不滅ですね。 

〔イギリスの郵便局〕

イギリスの郵便局は、お土産屋さんも併設しています。ここも、カードやマグカップ
など売っていました。迷っていたら、「郵便局は奥だよ」と、声をかけられました。 

2016.11