日本三大イルミネーションに認定!
夜景鑑賞士が選ぶイルミネーションランキングでは4年連続で全国1位を受賞
(オフィシャルページより)

 

と、大変評判が良いそうなので、栃木県にあるあしかがフラワーパークに行ってきました。

と、そのついでに、佐野ラーメンを頂きました。
(足利市は、佐野市の隣)

おぐら屋さんです。

駐車場が広くて駐めやすいのが有り難かったです。
どんぶりの底が見えるほど透き通ったスープと、縮れ麺! これぞ佐野ラーメンという感じです。
スープはとても私好みのサッパリした中に旨味があるタイプ。麺も美味しかったですが、提供時点で少し茹ですぎかなぁという印象。ま、好みの範囲ですね。
お持ち帰り用のラーメンがあれば買って帰ろうと思ったんですが、こちらのお店は餃子だけ。ニンニクがしっかり利いて、皮が厚めのボリューミーなタイプです。

さて、ここから10kmもありません。
バイクの場合は、正面口前に駐められます。警備員さんの誘導に従って、西口前をスイーッと通過するのが良いと思います。

目の前に両毛線の駅もでき、アクセスがとても良くなったあしかがフラワーパーク。

駐車して、ヘルメットなどを脱いでいる間にもどんどん観光バスが到着してきます。駅に電車が止まれば、それなりの人数が下りてきます。
すごい人数です!
さすが日本三大イルミネーションの名前は伊達ではありませんね!

さて、入園です。
日没前ですので、ぶらぶらと歩いて、どの辺りでどんな風に撮影しようか考えます。いわゆるロケハンですね。
しかし、光る前のイルミネーションを正確に予想するのは難しいです。
池の反射(リフレクション)が使えそうな所、藤棚の大きさ、そんな物を見ながら移動していると、あっという間に反対側の入り口(西門)に到着。

あれ、存外に小さい?

来た道と異なる方向に巡りながら歩いても、やはり10分もせずに反対側の入り口(正門)に到着。

単純な敷地面積だけなら、今年の頭に行った東京メガイルミよりも狭いかも知れない…
(チケットが高い割に感動が少ない、と書きましたが、今年は当日1000円、前売り800円になっておりました)

なんとなく、全体の配置を把握したので、三脚を広げます。
(あしかがフラワーパークは、あまり邪魔にならなければ三脚OK)

マジックアワーが迫っていたので、色が変わる空と、藤棚と、リフレクションと、欲張りにフレーミングしてみました。

ちょっと、雑多に入れすぎたかも知れない…

その後は、水辺と、藤棚を交互に行ったり来たり。
観光客は、日が落ちてから来る人が多いようです。夕方の段階で「多いなぁ」と思っていたのですが、完全に日が沈んだ頃には「まっすぐ歩けない」ほどの混雑。
なるべく邪魔にならないようにしつつも、ファインダー覗きながら立ち止まってたらやっぱり邪魔ですよねー。

そして増え続ける子供連れと、カップル。
(アニメーションするイルミネーションも、子供が喜びそうな物が多いです)

あかん、もう耐えられへん!

と言うわけで、閉園まではまだ時間はありましたがギブアップ。

(例の)佐野SAまで逃げるように走り、夜も佐野ラーメンを食べて帰りましたとさ。

今回の撮影機材

EOS R
EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
EF16-35mm F4L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
以上の3本。EFレンズしか使ってない!!

RF35mm F1.8 MACRO IS STMも持っては行ったんですが、LEDの配置と、焦点距離がかみ合いませんでした。

あしかがフラワーパークは、広角で雰囲気を撮るか、望遠で隙間を抜くような撮影が向く気がしました(多分私が下手なだけ)。

3件のコメント

    1. ▼omoteさん
       私も、寒いのは駄目なんです。なので、行くなら、11月の内が多いです。
       みんなイルミネーション気分に染まっていないので、空いてていいですよw

      千歳
  1. ピンバック: 痛風! | FreeHOUSE 千歳忍BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です