FreeHOUSE diary

Google

2017-01-19 仕事パンパンなんですけど [長年日記]

_ 牛タンを1本買いしてみる

焼き肉屋に行って、まず最初に頼むのが牛タン塩(偏見)。

仙台に行ったら、とりあえず牛タンなんだ。

僕らは牛タンを食べたいんだ!

でも、あんなに薄いのじゃないんだ! でも厚いのは高くて食べられないんだ!

そんなジレンマを打破すべく、今回は「牛タンを1本、丸々購入」してみました。国産、アメリカ産、オーストラリア産が主に流通しているようです。国産はさすがに高い(1本で1万円超える)ので、アメリカか、オーストラリアでチョイス。主食が穀物(アメリカ)3500円か牧草(オーストラリア)3000円かって感じですね。

脂肪が適度に乗ったアメリカ産を選びました。

牛タン1本買い

しかし、まぁ、この、ザラザラ感。生っぽい(生ですから)ですね。怖い怖い。皮を剥いたものも売っているようですが、結構割高なのです。何事もチャレンジです。

部位を3つに分けます。タン先、タン元、タン下。

タン先はどうしても固いので、タンシチューにします。

タン元は、一番柔らかく美味しい部位なので、ローストビーフタンにします。

タン下は、スモークして食感を楽しみます。

では、調理開始。

皮を剥いて、部位毎に切り分けジップロックに。重量比0.8%の塩分とスパイスを揉み込み、一晩冷蔵庫で寝かせます。

翌日、63度のお湯に、袋のままドボン。3時間半を目安に低温で火を通していきます(タン先は薄いので規定の時間に。タン元タン下は、もう少し長めに火を入れました)。

タン先は大きめに切り分け、デミグラスソースと赤ワインで煮込んで完成。これがまた、デラ美味い。

タン下は軽く乾燥させてから、燻製。その後スライス。

タン元は、表面をちょっとだけローストしてからスライス。

牛タン1本買い

生のように見えるけど、火が通っていて、極柔らかいタンの味。新食感です。何これ美味い。ネギ塩をトッピングして食べました。ハァー。ここは、天国か。

牛タン1本買い

タン下は、また食感が全然違う。ソースと和えて、パンに挟んで頂きました。これもまた美味い。

このボリューム感がこのコストで食べられるなら、自作もアリだなぁ!

(と言うわけで、懲りずにデミグラスソースを大量生産しています)

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ omote [丸ごと一本だとさすがにベロ感がありますねw ちょっと想像してしまいます(汗 最近紹介されてる料理のTOPICが業..]


2017-01-18 寒い日が続く [長年日記]

_ 牡蠣の燻製・オリーブオイル漬けを作る

昨シーズンも作ったんです。

凄い好評だったんです。

(たぶん)記録に残していないので、ちゃんと書きます。

牡蠣の燻製・オリーブオイル漬け

まずは、牡蠣を買ってきました~! 1パック3000円 × 2袋! なかなかの出費です!

牡蠣の燻製・オリーブオイル漬け

これを洗います。かなり綺麗になるまで洗います。

本当は、大根おろしや片栗粉を使うのですが、量が量なので割愛。塩水で丁寧に洗います(真水は、牡蠣が水を吸うのでNG)。ちょっとでも雑に扱うと、牡蠣が破れて大変なことになるので、一番神経を使います。

牡蠣の燻製・オリーブオイル漬け

下茹します。殺菌も兼ねています。

さっと高温で茹でる人もいますが、ウチの場合は定温調理の基本63度で30分です(最近のノロの不活性化は85度で90秒になってますね。マージン多すぎ)。中心温度なので、少し余裕を見て45分茹でました。

(茹でた汁は、とても美味しい牡蠣出汁が出ているので、後でお蕎麦いれて牡蠣そばとして頂きます)

牡蠣の燻製・オリーブオイル漬け

粗熱を取ったら、調味液に浸します。

塩分濃度との兼ね合いですが、5%程で2時間ほど漬けました。これぐらいの塩分と時間なら塩抜き(水洗い)不要です。

牡蠣の燻製・オリーブオイル漬け

夜に干します。

しっかり水分を抜いた方が煙が乗りやすいので、一晩乾燥させます。味見しましたが、この時点でも、美味しいです。

(キッチンペーパーで拭いて、短時間という人も居ます)

あ、写真取り忘れた。

牡蠣を燻製します。

この時期は気温が低いので、低温でゆっくり燻せるのが良いですね。3~4時間ほど燻製。薫りは少し強いぐらいです。

(長期保存食用なので、乾燥・燻製は長めです)

殺菌した瓶に牡蠣を詰めて、オリーブオイルで密閉。1週間ぐらいしたら食べ頃です。1ヶ月ぐらいは余裕で食べられます。

私は、十分に薫香がオイルに移ってからの方が好きだなぁ。パスタにからめるだけで、素晴らしい一品になってくれます。


2017-01-05 あけおめ! [長年日記]

_ 明けました

おめでとうございました。

あけおめ猫

年末年始は、基本ゲーム三昧と決め、本当にウィッチャー3をやり続けてた千歳です。

嘘です。

ちゃんと年末は走り納めで、銚子まで行ってきました。

天気予報は「暖かくなる」と言っていましたが、雲が残り、昼前まで気温3度でした。この中を走るってんですから、寒い寒い。

この日は、8人で走ったのですが(初めてのマスツー)、皆さん冬の装備に余念がありませんね。冬用ジャケットも追加しようと思いました。

銚子 鈴女の定食

港近くの「鈴女」で食事。なんだこのフライの旨さは!!!!(ノドグロのお刺身と、鯵フライの定食1500円)

近いうちに、もう一回行ってこようと思います。

純米大吟醸

よい日本酒を頂いたので、年明けに頂きました。「じゅんまいだいぎんじょぉ」ですよ。呑んだら、ワインのような甘さとフルーツ感でいっぱいでした。

気づくと、もう正月休みも終わり。

さて、ちゃんと働いて、いっぱい遊びますかね!

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

_ omote [おめでとうございます アタシも年末は日本橋粋酔で日本酒を堪能しましたw 翌日死にそうでしたけど(汗汗]

_ 千歳 [▼omoteさん  明けましておめでとうございます~!  日本酒美味しいなぁと思えるようになってきたんですが..]

_ omote [飲みすぎ注意。ですよねw こう冷え込んでくると日本酒は体が暖まりますので恋しくなりますww #マグカップにこっそ..]

_ 千歳 [▼omoteさん  風呂で日本酒とは! 温泉のようですねぇ。  私は、断熱容器に入れた冷たい飲み物をチビチビする..]


2016-12-26 食べ過ぎ三連休 [長年日記]

_ クリスマスごはん!

3連休初日!

毎年、どこかに食べに行っていたんです。が、今年はANOVA Precision Cooker‎(低温調理器)という強い味方を手に入れたので、おうちご飯にすることにしました。

国産牛モモ肉

1000円/100gを超える肉の塊を買うのは、生まれて初めてです…

これを、塩・胡椒・スパイスに漬けて、一晩放置します。これを、53度で2時間ほど調理し、中心までゆっくり熱を入れていきます。本来なら、もう少し温度が高い方が良いんでしょうけど、良い肉なのでギリギリを攻めてみました。

モモ肉をソテー

強火で、表面だけソテーして、肉を休ませます。

カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチャーノ・ダブルッツォ
チーズ盛り合わせ

クリスマスなので、ワインとクラッカーとチーズを用意しました。ワインは、カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチャーノ・ダブルッツォ2013。神の雫で、主人公がミッシェル・ロランの1万円のワインを負かしたというアレです。

まあ、そこまでのものかどうかは分かりませんが、この価格でこの旨さは、目から鱗です。ワインって美味しいなぁ!

ローストビーフ
ローストビーフの盛り付け

お肉をスライスして、きれいに飾り付け。柔らかすぎて、きれいに花びら状になりませんよ。スライスしたバケットに、マッシュポテトとソースを掛けて… ばくっと頂くと、コレがまた美味しいのなんのって。

飲んだくれたら、そのまま寝られるのが、家ご飯の良いところですね…

3連休2日目!

あ! チキンも食べないと!

と言うことで、丸鶏も調達しました(翌日)。

塩分濃度2%のセロリ・タマネギ液に鶏肉を漬け、しばらく放置。塩分を1%程度に調整し直してから63度で2時間低温調理。今までは普通にオーブンでローストしていたんですが、どうしても胸肉の部分のぱさつきが気になっていたのです。低温で、味と火を軽く入れてから、350度のオーブンで20分ほどロースト。高温で、皮をぱりっとさせたらOKなのです。

ローストチキン

普段、2人で1羽は食べきれないのですが…。

何これ美味い。しっとり。ばくばくいけちゃう! と言うわけで、ほぼ完食してしまいました。

この調理法でお店出したら、きっと大繁盛するぞ…

3連休最終日!

牛と鶏ときたら、最後に豚肉を食べないわけには参りません!

しかし、連日食べ過ぎて、かたまり肉はキツい。と言う理由で、最終日は餃子にしました。ニンニク効かせた餃子の美味いこと。自家製ラー油をドバドバと、惜しげも無く使いました。

あー、まんぞく。

さて、年末年始用のご飯の準備に取りかかるかー!

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ 千歳 [▼million_cottonさん  嫁(リアル)がおりますので!  イルミネーションを見ながら、周囲の熱気..]

_ omote [3連休はPC修理で引っ張り出されたり駐禁切られたりと散々でした(トホホ]

_ 千歳 [▼omoteさん  修理はともかく、駐禁はかわいそう(>_<)]

_ にゃんこ [A happy new year! I hope you''ll be happy forever...xxx]

_ 千歳 [▼にゃんこさん  ありがとうございます!!]


2016-12-22 HDDを換装したぞ! [長年日記]

_ mSATAをぽちった

急に円安になってきましたので、輸入部材は早めに買っておく方が良いですね!

(ANOVAも早めに買えて良かった)

出張に使っている軽量ノートPCのLavie Zなのですが、これのSSD容量が128GBなのです。もちろん、足りなくなるのは了解済みでした。BTOで最初から256GBにすると、(秋葉原価格を知っている人からすれば)ぼったくりなのは明白なので、最初から換装する予定でした。

とは言え、出張だけだったら、クラウドサービスも併用すればなんとかなったんですが。撮影の途中でデータを確認したり、VMで数十ギガのディスクスペースを作ったりしていたら、やっぱり足りないですよね。

WindowsUpdateで降ってくる新ビルドの塊も無視できません。

我慢すればするほど、価格が安くなって容量が上がるストレージデバイスですが、あんまり待っているとmSATAなんて無くなって、気づくと全部M2でしたー! なんてことになりかねないので「欲しいときが買い時」精神で購入を決意しました。

_ まずはバックアップ

まずは、Windowsのバックアップを取ります。

バックアップツールを使って、さくっと事を終わらせようと思ったところ、なんと、メジャーなツールが「ことごとく」インストールできません。さすがインサイダープレビューです。バージョンチェックで弾かれます。

困りました。

(SmartScreenがすっげー悪さしてます。コンパネから切ってもダメ)

ツールを使えば、そのままの内容を新しいSSDにコピーして、換装すれば終了なんですが、そうはいかなくなりました。

仕方が無いので、Windows標準のバックアップツールを使います。

適当な容量のメディアが無かったので、ネットワーク上にファイルを配置しました。

続いて、回復メディアをUSBメモリに作成します。

PCの電源を落とし、Lavieの背面を開けます。ネジは通常のプラス。特に隠しネジもなく、12個外すだけで綺麗に裏蓋が取れます。

さすがマグネシウム-リチウム合金。信じられないほど軽いです。厚紙の方が重たいぐらいです。これはビックリです。

Lavie zの中身

さくっとmSATAを交換して終了。蓋を戻します。

(単純な密度で言うとそれほどではないのですが、随所に薄さと軽さのために苦労した跡が見えます)

_ すったもんだのリストア

USBの回復メディアから起動します。

ドライバが足りないのか、ネットワーク先に繋げることが出来ませんでした。

ネットワーク先だったドライブをUSB経由で直接接続します。すると、ドライブは認識しますが、ディレクトリ内にあるバックアップは認識してくれないようです。

「WindowsImageBackup」ディレクトリをルートに移動させ、再度チャレンジします。

無事にバックアップとして認識してくれたので、メニューに従ってリストアしました。認識してくれれば簡単です。

Windowsは無事に起動したので、パーティションを変更します。128GB→256GBになったので…

[BOOT][WINDOWS10][回復][ 空 ]

みたいになってます。回復ボリュームを潰して一つにまとめるだけだったらWindowsの標準ツールでもできますが、出来ればこれは残しておきたいところ。そのために、パーティション変更ツールをインストールしなければなりません。

すると、またSmartScreenに阻まれます。

もしかして? と、思い。別PCからダウンロードしたものをUSBメモリ経由で持っていったところ、これはすんなり動く…

「う、動く! こいつら、動くぞ!」

バックアップツールも、この方法を使えば良かったんですね(後の祭り)。さすがインサイダープレビュー(の更にFastRingは違うぜ!)。

ツールさえ、インストールしてしまえば、後は何も難しいことはありません。無事にパーティションを変更することが出来ました。

[BOOT][WINDOWS10][回復]

と、なりました~!

(書くと短いですが、UEFI→BIOS→UEFIにしたりと、紆余曲折がありました)

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ omote [アタシの経験からWindowsの標準ツールで極悪wなのはWindows Defenderですっ! タスクマネージャ..]

_ 千歳 [▼omoteさん  MSは、挙動を隠そうとするのが怖いですね…  インストーラーで怒られていたので、Defend..]