FreeHOUSE diary

Google

2018-07-19 550ドルか… [長年日記]

_ 千歳++

今年も千歳がインクリメントされる日になってしまいました。

まぁ、嬉しいも何もありませんが、いろいろ送られてくる誕生日クーポンを使ってささやかな幸せを噛みしめております。

ケンタッキーでパーティバーレルを自分で買い、食べる。ああ、幸せ。

さて、スマートフォンも2年を超えたので、そろそろ買い替えようかと思います。

海外の謎スマホに魅力を感じますが、技適がなぁ。どうしようかなぁ。秋の新型Xperiaを待ってからでも良いような気がします。


2018-07-18 酷暑続く [長年日記]

_ モニタのキャリブレーションをやってみた

以前からやってみたいと思いつつも、そんなに使わない割に値段が高くて躊躇しておりました。

今回、入門用キャリブレーションツール「ColorMunki Smile」を入手したので、試して見ました。USB接続のセンサーと、ドライバ、ツールがCDに入ったお手軽キットです。

ドライバをセットアップして、ツールを起動。

画面の所定の位置にセンサーを当てる指示があるので、その位置で止まるようにケーブルで吊り下げます。一応カウンターウェイト(重り)も付いているのですが、何の意味が有るのやら。

周囲からの光が入らないように、画面にある程度密着させなければならないのですが、画面の角度が足りないと、センサーがどうしても宙ぶらりんになります。

「指で押さえるのが一番」

とはいえ、測光には5分ぐらい掛かります。

そして、センサーに付属するUSBケーブルが短いです。

私の所は、PCから離れたところにある47インチTVとか、デスク下に置いたPCと上に置いたモニタです。標準の長さでは足りませんでした。持ってて良かったUSB延長ケーブル。

測定が終わると、新しいプロファイルの適用前と適用後を見比べて設定を保存するか破棄することができます。

47インチ、VA液晶でCCFL(冷陰極管)のTVですが、結構な経年劣化を感じます。設定を6500kにしていたんですが、素直な感想としては「それでも黄色くなった」です。少し落ち着いた感じになりました。

もう一組は、TNでLCDバックライトの新しいモニタ(DELL)と、IPSでCCFL(冷陰極管)の古いモニタ(EIZO)です。何もかもが違うので、かなり色の見え方が違います。しかも、この組み合わせでデュアルモニタにしているので、ココが揃ってくれると嬉しいのですが…。

結果は「そこまで違和感ない程度の色の差になった」という感じです。方式もバックライトも経年劣化具合も違うので、どうしても見た目に差があります。こちらも、モニタの設定上は6500kでしたが、キャリブレーション後は、やっぱり黄色さを感じました。

ColorMunki Smileは、手動調整は一切無し。ガンマ2.2、色温度6500k固定の男らしい潔さに満ちあふれた仕様です。作成されたプロファイルも自動作成の自動適用。この辺が気になる人は、素直に上位製品を購入した方が良いです。

ちゃんとしたディスプレイの色を揃えると言うよりも、複数のディスプレイの色の傾向を揃える程度なら十分に役を務めてくれたと思います。

こう言うアイテムこそ、DMMのいろいろレンタルとかに取り扱いがあればいいのにと思いました。


2018-06-27 今年もホタルを撮ってきた! [長年日記]

_ 月夜野にホタルを撮りに行ってきた

6月はホタルの季節です。今年も撮りに行こうと色々計画を練っていたんですが、土日に限って雨。いや、雨じゃなかった日もあったんですが、そういう日に限って休日出勤。なかなか天気は味方してくれません。

そんな折、事前の予報と違って、日曜日の午後から晴れの予報に変わりました。気温が高く、湿度も高い。これならホタルが一気に出てくるはずです。行くなら今日しかない! と気合いを入れて群馬の水上(みなかみ)までバイクを走らせました。

(満月に近くて、明るさだけはマイナス要因でした)

渋滞を避け昼過ぎに家を出たので、国道17号はスイスイです。

道の駅「おおた」で休憩していると、謎のスバルグッスと遭遇。さすがスバルのお膝元です。あと、メダカとか金魚も売られていました。可愛いなぁ。買って帰ると、猫のオモチャになってしまうので、断念です。

スムーズに日没前に上毛高原駅に到着。この時間だと、ホタルの遊歩道に近い駐車場が空いています。取りあえずウロウロして撮影場所の目星を付けていると、案内のおじさん達が登場。

「今日は、気温も上がって、風も少ないし、コンディションは良い」

「ただし、月明かりが強いので、暗がりに固まっていそう」

「梅雨に入ってから寒くて、育成が遅れている。沢の南側しか出ない(北は未だ数匹)」

と言う情報を頂きました。

さっそく出そうなポイントに向かうと、写真サークルっぽい集団が三脚を立てまくっていました。もう少しばらけて、色んなアングルから撮ればいいのになぁ、と思うんですがね。

ホタルは、アングルさえ決めてしまえば、レリーズケーブル握って、適当な間隔でシャッター切るだけなんで、難しくありません。飛び始める前に、いかにロケーションを抑えるかが勝負です。

少し引き気味に、85mmF5.6(ISO800)で撮影開始。

なんとなく飛んでいる雰囲気が掴めてきたので、200mm近くまで寄って、ボケを出す為にF2.8まで開きます(ISO200)。

月夜野ホタル

スマートフォンで一生懸命撮っている人が多いんですが、なんでみんな「写真」を撮りたがるんでしょうね。素直に「動画」で撮れば何も難しいことないのに… あと、さすがにフラッシュを焚く人は減ったんですが、スマートフォンのLEDライトを点灯させてしまう人は多かったです。

面白かったのは、そのライトを付けてしまったおじいさんがいたことです。係の人が「ライトは消してください。禁止ですよ」と注意した事に対して「付けるつもりはないし、消し方も分からない!」と切れてたことですかね。猫のうんこ踏め!

「ここだよ、ここ。すごく良いだろ、ベストポジションだよ!」とずーっと言ってるオヤジもいた。分かってるからカメラマンがたくさんいるんだよ、気付よ。猫のうんこ踏め!

あと、子供が持ってた団扇で飛んでるホタルを叩いたら、周囲の大人がよってたかって「可哀想」コールの嵐が起きたこと。親が怒ればいい話で、集団の同調圧力はイジメ。猫のうんこ踏め!

あー、人が多いところの撮影は疲れるなぁ!

21時頃になると、一気にホタルの出現が減ります。なので、サクッと帰ります。

日曜日夜の国道はすごいですね。群馬県内のデッドヒートは想像絶するものでした。群馬やべぇと思ってたら、埼玉県内も大概でした。休日のよるの国道はヤバイ(以前の静岡県内の1号バイパスも大概だったけど)。

あと、ホームセンターから出てきた軽自動車が、完全ノールックでした。あわやジャックナイフするところでした(ABS付いてるから平気だけど)。結構ヤバ目だったのでパッシングしたんだけど、何も挙動に変化がないので、本当に後ろとか横とか見えてないんだろうなぁと。おじいさん気をつけて。

(追記)

月夜野ホタル

少し引いた画角で、12分(24枚)重ねてみた。

もう、ホタルじゃなくて、ただの虫に見えてくる不思議。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ 千歳 [▼omoteさん  いますよねー。  運転側から見ていると、なぜ分かりきっているこのタイミングで出てくる! と茶..]

_ omote [あー朝から暑い 寝不足の人は熱中症に気をつけようね?ww #サーバ引っ越しでぼやく場所がなくなったw]

_ 千歳 [▼omoteさん  今日は山手線(内回り)が止まって、大手を振って遅刻できた人も多いのではないかとw]

_ omote [遅刻してもベルギー戦明けゾンビは大量発生してそうですけどww]

_ 千歳 [▼omoteさん  いひひひ……]


2018-06-04 祝・外環道東側開通! [長年日記]

_ 砥石を追加した

今まで一般的な#1000と#3000で研いでいたんですが、なんかこう、イマイチ物足りない。ごくごく一般的な吸水性の砥石です。また、シャープナーもあるのですが、これは一時的に切れ味を取り戻すだけで、あまり使うと刃の角度がおかしくなってしまいます。

話に聞くところ、シャプトンというプロからも大絶賛な砥石があるらしいじゃないですか。価格は通常のものの2倍~3倍。砥石一つに5000円近く払うのは、かなり勇気が必要です。

しかし、今は夏のボーナスの時期。

今だ。買うなら今しかない! と心の物欲メーターが振り切れてしまいました。

「夏のボーナスで買う高額商品が、砥石! #5000の砥石!」

あ、あれ? 前から欲しかったんだから! 普通だよね!

さっそくウキウキしながら包丁を研ぎます。シャプトンは非吸水性なので、砥石を水に浸ける必要は(あまり)ありません。さっと濡らしたらOK。これが思いのほかストレスにならない。研ぎたいときに研げる。これは嬉しいです。

そして、これでもかってぐらい寝せて研ぎます。砥石と包丁の隙間は1mm~2mm位。これぐらい鋭角に研ぐと、後々の切れ味が違います。最後に、2mm~3mmあけて、ちょいっと刃を作って完成。

さすが#5000まで細かくなると、出来上がりがきれいです。ああ、そのまま#8000や、#10000のような細かいので鏡面仕上げにしたいと思ってしまうほどです。

とは言え、毎日研げる環境があるなら、ステンレスの包丁じゃなくて、鋼のものが欲しくなりますね。そのうち買いたいなぁと思います。

(とは言え、グローバルの牛刀はそんな簡単に刃が減らない…)


2018-05-21 生活臭改善計画 [長年日記]

_ 業務用オゾン発生器を買ってきた

猫と共に生活している千歳亭です。

犬とは違い、ほとんど匂いのない動物なのですが、それでもずっと一緒に居ると、やっぱり獣臭がします(とは言え、慣れすぎてしまって住人は気になりませんが)。

あと、寝室で寝てると鼻が詰まる(何かのアレルギーっぽい)ので、これの対策をどうするかいろいろ考えていたところ、オゾンで殺菌というのはどうだろうかという事になりました。

二酸化塩素(クレベリン)で空気中を除菌すると、確かに匂いは減るし、鼻づまりも解消される気がします。しかし、高いじゃないですか。数ヶ月保つサイズで2000円とか、3000円とかするんですよ。どう考えてもボッタクリです。

とは言え、次亜塩素酸ナトリウムを薄めて使うなんて怖いことも出来ません(笑)

(首からぶら下げて使うヤツはアレですが、密閉空間で使う分にはそれなりに効果があると思います)

オゾン発生器を調べていると、数千円の小型タイプは、玄関とか靴箱用だったり、車内用(12V)だったりと、求めているレベルとは違います。また、据え置き型にしても、発生量が少なく、連続稼働を前提としているものも有り、それってエアコンに搭載されているオゾン発生装置と変わらないじゃん! という結論になりました。

しかし、いろいろ検索していると、一昔前では考えられない大容量なものが数千円で売っていることが判明。ホテルなどで、数分動かしたら部屋の匂いが消える!と言うのに使っているヤツっぽいです。

「ポチッとな」

従来の業務用は、数万円~数十万円するんですよ。

でも、構造を考えたら、適度な高電圧放電を空気中で行えばオゾンなんていくらでもできるものなので、なんでこんな値段するんでしょうね(笑)。そんなわけで購入したのは、やたら質実剛健なモデル。

スイッチオン!

瞬間に、恐ろしいオゾン臭が漂います。

あ、だめだ、直接吸っちゃいけないレベルのヤツだ!

(もちろん、説明書にも同様の記述が…)

まずは、洗面所と、風呂場で5分ほど放出。そのまま30分ほど燻蒸(放出したオゾンで殺菌タイム)。

あ、アレです。バルサンです。やり方としては、バルサンと一緒です。

なんと、1回でハッキリ分かるほど匂いが取れました。一番嬉しかったのは、洗濯機の匂い。猫の毛が多いので、洗濯槽に残ったものが臭うのですが、それがかなり軽くなりました。数日空けながら、何回か試してみたいと思います。

続いて寝室。

マットレスを上げて、サーキュレーターで空気を撹拌しながら、10分を2回(途中1時間ほどの燻蒸タイム。

ついでに、エアコンのフィルターも掃除したので、かなり空気が軽くなったような気がしました。

オゾンは、酸素の同位体同素体なので、時間が経てば酸素に戻るというのもポイント高いです。安全な除菌消臭剤として、これから活躍して欲しいところです。

さて、リビングに生息する猫をどうやって逃がしてオゾンタイムにするかな…

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ tan [ご無沙汰しております。 細かい話ですが、オゾンは酸素の同素体で同位体ではありませんね。 ダイヤモンドと黒鉛の関係..]

_ 千歳 [▼tanさん  おおおー! 恥ずかしいミスをしてしまいました! 修正しました~!]